先日のご恩返しを仙台の避難所で、できるといいな!

先日特養に仕事に行き、つぎの目的地をナビにセットし走り出しました。
ちょっと行くと細い山道.
あれ?と思う間もなくヘヤピンカーブが,息つく間もなく、これでもかと続きました。
恐怖で足がわなわな
5分ほど必死に運転をして、やっとのことで車を寄せて止めることができました。
神戸の町を展望でき、すばらしい景色につかのまの幸せを感じました。
t02200124_0427024011152604586
が、また急カーブが続くのかと思うと恐怖と不安でした。
それで、たまたま車の外に出て景色を見ていた青年に、
「まだまだカーブ続きます?」と、声をかけてしまいました。
「ええ。」
青年は、このカーブを楽しんでいる様子でした。
私はどきどきしながらも、
怖くても降りるしかないと、走りだしましたが、
またまたすごいカーブの連続で足がワナワナ!!
やっとのことで
止めることのできるところを、また見つけて、止めていると、
さっき出合った青年が、
「まだまだカーブが続くから、ついといで!」と、なんと先導をはじめてくれました。
おかげで無事ふもとの三宮につきホットすることができました。
本当にありがとうございました!感謝でーす。
さわやかな笑顔で青年は、黒い車と共に去って行きました。
4月10日から15日まで仙台周辺の避難所に行ってきます。
介護の専門性を活かしつつ、認知症の人など介護を必要としている人たちに
私もこの青年のように、自然体で支援ができるといいな・・・

contactbottom
カテゴリー: たみ〜ず あい   パーマリンク